多様にあるお金の借入れの審査基準の切り口から見てみると、基準も多種多様であるとことが考えられます。一口にお金の借入れと口々にいっても、銀行系のものであったり大手の会社であったり、そして独立系のものなどもあり多様です。これらを比較した場合、当たり前に、審査が幾分あまい会社、厳しい会社に、はっきり分かれてしまいます。初め、併せて融資を受ける業者は、三社が基準と言われています。お金の借入れ業者が3社以内で、キャッシング金額が年間の収入の三分の一以下であれば、銀行であっても手続きに通る可能性は高いといえます。銀行系はたいてい借りたお金に対しての利子が少なめに設定していますので、ご利用することであれば銀行がよいでしょう。融資を受ける件数が仮にお金の借入れ件数が四件を超えている場合は、銀行系は難しくなるでしょう。なのですが、2006年の貸金業規制法や出資法等の法の改正により、利息の上限が下げられ、銀行では手続きが厳しくなってきている傾向にあるのです。銀行系でも、より一層審査に対しては慎重になっているはずです。また、手続きのゆるい会社と評判の会社でも、むやみに申し込めばよいということでもないのです。万が一、先にそのキャッシング会社において情報を収集せずに申し込み、審査基準に通らなかった際は、その個人情報は個人信用情報機関に記録され、信用情報機関に保管される期間は3ヶ月から6ヶ月なのです。その際、個人信用情報機関の情報が汚れてしまうということになります。汚れたからといって直に借りられないというわけでもありませんが、その個人情報を参照するキャッシング会社の審査には、当たり前に、少なからず影響があります。比較的通りやすいといわれる手続きを行う業者でも、個人信用情報機関に情報が登録されるいることによりキャッシングを受けられなくなることも起こる可能性があります。