現金化する目的にて新幹線の乗車チケット等をいっぱい購買してしまうこと→ショッピング枠の現金化というもの利用せずに自ら換金を目的にしてクレカで購入するというのも同様と言えます。現金化する方法を狙っているカードの使い方であれば、クレカの契約内容違反と見做されることが理由です。たくさんの電車の乗車チケットの他切手販売においてのクレジット使用をすると、換金する目的では?という風に警戒される事例もありますので、細心の注意が大切です。さらに言うと、利用時点においてキャシング額というものが上限となられてしまっている利用者の場合には新幹線等の乗車切符を購買しようとするだけでもクレジットカードの発行会社の方からチェックが来ることがあるから資金不足時のカード支払いは不可となっているのでしょう。経済的に余裕が無い場合に企む方法は同様なのです。クレジットカードの発行会社の立場からみて喜ばしくない使用法をする●少し前に流行った『永久不滅』のように、カードの会社にほんの少しもメリットにならない規約に反した使用方法をするとカード会社によって没収させられる例があるようです。インターネットに出回ったクレカポイントの不正搾取等の世の中に知られていない秘密の方法というものが存在したとしてもそういった手法はどう考えてもカードのルール違反となるから使用してしまわないようにしてください。強制失効に関する情報については他のカード会社へ知られる→クレジットを強制失効させられてしまったとしても他の会社のクレジットカードを利用できるのだから1枚であれば問題ないのではないか?とか思う方、この情報社会ではその考え方は身を滅ぼすことになる危険もある。というのも強制没収させられてしまうようなケースの場合ではクレジットカード各社により閲覧可能な個人信用情報機関に事故カード情報が記録されてしまうことによってあなたの信用は地に落ちるケースもあるためです。所有する1枚でもクレジットカードを強制没収となった場合他社のクレジットも審査が厳しくなってしまうようですし、ともすると現在契約しているクレカさえも没収扱いになる事態もあり得るでしょう。強制退会は免れて継続して使用できる際にも有効期限切れ時に更新不可となると思われます。兎にも角にもしつこいほど記載したように強制失効となってしまうような利用方法はしないようにルールを守ってクレジットを使用して頂きたいと思う。