日刊紙のチラシ、スポーツ紙、街角に見られる宣伝やDMなどで、「借金の整理任せてください」「借金を一括化したくないですか」などといった宣伝を見かけることが多いです。こういったものは、「整頓屋」「買取業」「紹介屋」と呼ばれている悪徳企業のおとり広告のときがあるのです。それらを使ったときには自己破産の中で最も大切な免責決定を手に入れられなくなる恐れもあります。「整頓業者」の場合ビラなどで借金を抱える人は集め、常識外の依頼料を要求して借金整理を行うのですが本当は借金整頓は行われず、負債人はさらに債務地獄に落ちるケースがほぼ全部になります。「買取専門人」は債務人のクレジットでチケットなどを限界まで買い入れさせて負債者から買った商品を買った値段の10%もしくは額面半値で買取るという手口のようです。当人は小金が得られますが、いつかクレジット会社によって商品価格の売値の返済請求が届くことになり、負債額を悪化させる結末で終わります。この場合、クレジットカード企業に対しての詐欺行為として免責が受けられません。「紹介者」の場合大企業の貸金から借りられなくなった負債者について業者としては金貸しは全くせずに、融資を受けられる関係無い会社を紹介して、法外な依頼料を受け取る業者です。つなぎ業者は直接の苦労で融資できたかのように話しますが、実際は何もしていなくて、単に審議のゆるいルートを説明しているだけというやり口です。このケースも結局のところ借金をアップさせることになります。