キャッシングサービスについての返済内容は、企業各個でだいぶ差異というものがありまして、いろんな手法が採用されております。類型的なところではスライド法やリボ法などが取り入れられているみたいです。このような誰しもがわかっているリボでも実際のところ計算方法にはいろんな様式というものがあるのです。よって其の手法により返済合計額が異なってしまうのですから把握しておいて損はないと思います。ではやさしくこれらの手法の違いに関してを解説します。ひとつは元金均等払いというもので二つめは元利均等払いです。それぞれその名のとおり元金に関して均等にして返済していくというのと元本と利率についてをあわせて一様に払っていこうという手法です。このケースではもしも10万円をカードローンをしたと仮定して、具体的にどういう算定をするか試してみましょう。金利をいずれも15%と仮定して算定します。またリボ払の返済額は1万円とし計算します。とにかく元金均等払いからいきましょう。このような事例のはじめの引き落しは1万円へ利率分1250円を計上した引き落とし金額となります。次の支払いに関しては1万円へ利子分の1125円を計上した引き落とし額へとなります。かくして10回にて返済を完了させるという方法です。一方元利均等払いというのは1度目の引き落しに関しては1万円ですがそこから元本へ8750円、利子へ1250円といったように分配します。次の支払は元本が8750円に減った状態で利率を勘定し1万円を再度分配するのです。要するに、元利均等払いのケースでは10回で支払いが終了しない計算になってしまいます。こればかりのへだたりで双方がどのくらい異なってるのかがたっぷり理解してもらえたことでしょう。元利均等というものは元金均等に比肩して、明瞭に元金が減少していくのが緩やかといった弱点といったものがあるのです。別のことばで言えば利子というものを余計に支払うというようなことになります。一方最初の引き落しが些少な額で落ち着くというような利点というものも存在したりします。かような支払い手法についてのギャップに連動して引き落し合計金額というのは変わってくるのであなたの好みに合った使用法をするようにしていってください。