破産認可を得た場合、どういった損失があるのかは破産を考慮した方々にとって九分九厘初めに知りたい内容でしょう。

そこで破産認定者の被るハンデに関して箇条にしておきます。

・政府の破産者一覧に掲載されます。

※公共の証明書を給付するための情報だから担当者以外は入手することができませんし、免責の許可が与えられれば消されます。

・官報上で記録される。

※販売されている新聞とは別で普通の書店には置いてありませんし、通常の方には関連のないことであると言えます。

・公法上でのライセンス限定。

※自己破産認定者になったなら弁護士、公認会計士、行政書士、税理士などといった資格者は資格剥奪になってしまい事業が許されなくなります。

・私法上におけるライセンスの制限。

※自己破産認定者は成年後見役、連帯保証者、遺言執行者を受け持つことができません。

その他、合名企業、合資企業の労働者および有限企業の取締担当者、監査役の人については退任根拠とされます。

・各種ローンやクレジットサービスを用いることが認められません。

また、破産管財人が入る事件には制約が存在します。

・破産者の財を勝手に維持、排除することが認められません。

・破産管財係や貸主集会の呼び出しを受けて適切な応対をせまられます。

・司法の許諾なしに住居の引越しや大型の旅行をすることができません。

・裁判官が必要だと許した場合は身体を捕まえられる場合もありうるのです。

・送付品は破産管財者に配達され破産管財人は郵便物を開封可能です。

まだ書いていない破産した人の困難の一般に間違われている事項をまとめにしてみました。

1戸籍データまた住民票上には記述されません。

2勤め先は破産してしまったことを原因として退職させることは許されません。

※基本的に破産者から言わないかぎり他人に気づかれる可能性はないでしょう。

3選挙権限や選挙資格などの人権は剥奪されません。

4連帯保証者になっていなければ血縁関係者に肩代わりする責任などはないのです。

5必要最小限の日常生活に必要な調度品(ノートPCTVを含め)洋服などは差し押さえ範囲外です。

破産者の損失に関してあげてみました。

自己破産をするのなら負債はゼロになるでしょうが上記のデメリットもあります。

破産申立をする上でアドバンテージも損失ちゃんと思案した方がよい結果になるでしょう。