借金などの返済方法というものはカード会社それぞれで相当相違があって、いろいなメソッドが導入されております。80-12-50

一般的なところではスライド方式やリボ方法が導入されているようです。80-4-50

こんな誰しもご存知のリボルディングですが、本当のことを言うと算出形式には多くの方式があるのです。80-18-50

ゆえにしかよう様式によっては支払い合計金額が違ってきてしまうわけですから理解しておいて損することはないと思います。80-8-50

それでは簡単にこれらの様式の差異に関してを解説しましょう。80-15-50

はじめは元金均等払い、その次は元利均等払いというものです。80-5-50

それぞれ読んで字のごとく、元本を一様にして支払っていくのと元金と金利に関してをつごうで均分に払っていく手法です。80-20-50

このケースではもし10万円キャッシングしたと設定し、実際のところどういう勘定をするか試してみます。80-13-50

利息についてはいずれも15%というように計算します。80-19-50

更にまたリボルディング払いの支払額は1万円というように算定します。80-16-50

差し当たって元金均等払いからです。

こうした場合の1回目の返済に関しては1万円へ利息分の1250円を合計した支払いとなります。

2回目の支払は1万円へ利率分の1125円を加算した支払いとなります。

こうして10回分で支払を完了させると言う様式になります。

他方元利均等払いとは最初の引き落しに関しては1万円で元金に8750円金利に1250円と言う感じで割り振るのです。

次回の引き落しは元本が8750円に減った状態で利率を算定して、その1万円をまた割り振りをします。

要するに元利均等払いの場合では10回で支払いが完済しない計算になったりします。

こればかりのギャップで両者がどのように変わっているかたっぷり分かって頂けたことかと思います。

元利均等とは元金均等と比較して明瞭に元が縮小していくのが緩やかと言う不具合が存在したりするのです。

別言すれば利息といったものを余分に払うというようなことになるのです。

一方で1回目の返済が少額で済んでしまったという強みというものも存在したりします。

斯うした引き落し方法の違いに連動して、支払額は異なってきたりしますのであなたの返済計画に応じた使用法を取るようにしてください。


80-2-50 80-14-50 80-9-50 80-7-50