外国為替証拠金取引(FX)においては取引所取引というものがあります。

通常の外為業者と売り買いを行うことを「店頭取引」と言いますが、これは取引所を通さないで商いの相手は外国為替証拠金取引(FX)業者になります。

「取引所取引」という場所はFX企業は仲介役であり、ストレートの商売目標は取引所を意味する事になります。

この相違をいくらか比較してみましょう。

最初に「店頭取引」のケースは預託している証拠金はFX(外国為替証拠金取引)業者に束ねされているのです。

「取引所取引」の折、このお金は全ての額取引所に入金しなければいけないと義務になっているのです。

そういった事で万が一外国為替証拠金取引(FX)会社がパンクするといった経験があったとしても、後者は、取引所によって証拠金が全てのお金が擁護してもらうことになっています。

際は外為(FX)会社が管理しているので、様子によっては企業破産のしわ寄せをを受けて寄託していたお金は守護されずなのです。

重ねて税金を考慮しても両者では取り決めに相違がございます。

「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ利息などを雑所得として給与と合算して申告せねばいけません。

しかし確定申告しないで済むおりもあるとの事ですので、自分に合致するのかしないのかよく調査をお願いします。

もし貴方が労働者で年俸2000万円以下、給与所得他収益が二十万円以下(複数の事業者から給料の所得がなし)というようなのような規定を満たしているということであれば特例措置で確定申告は不要になります。

外為(FX)収益が20万円以上の次第は確定申告してください。

税の割合は収益に応じて5から40%の6段階に区分されておりまして、収入が高いようであればタックスも高くなります。

「取引所取引」においては、収益があるのであればその他の実入りとは別で考えておいて「申告分離課税」の対象となってしまいます。

税の度合いは一律20%となるんですが、もしかして損失が確かになったという事ならば「取引所取引」のメリットとして損失分を次年以降に先送りすることが可能です。

上記のように、「取引所取引」の方が安価なtaxになる事もありますので比較してみた方が良いと思います。

特に新参者の方は、株価の動きや円相場に行き届き、収益や損失に手に汗にぎるあまり、税金に関しての事柄を忘れ易くなってしまうこともあるので要注意です。

損分は困ってしまいますが、収入が値上がりすれば税金も金額が増加するので意識と認識が大事な点ですね。